リフレクソロジスト 年収

MENU

リフレクソロジストの年収はどれくらい?

足の甲マッサージ写真

リフレクソロジストの収入について、求人サイトで調べてみました。

 

まず、リフレクソロジストを求めている業種では、リフレクソロジーサロン・リラクセーションサロン・エステティックサロン・スパ施設・整体院・カイロプラクティック治療院・整(接)骨院・鍼灸院・リハビリ治療院などがあります。

 

もちろん、どのタイプのサロンでも、施術やカウンセリングを行うばかりでなく、スタッフの一員として、接客、フロント、予約の受付、電話対応にもあたります。雇用形態は、正社員・契約社員・業務委託・パート・アルバイトとなっています。

 

ある全国規模のフランチャイズ店では、有資格者(未経験)の正社員の月給は24万円(社保・年金含む)。平均月収では28万円(※指名手当が加算された場合)。賞与は年2回で、年収では、300万円弱となっていました。フランチャイズだけに全国転勤があるそうです。

 

別の地方都市のフランチャイズ店では、「安心して働いていただけるために」として、正社員のみの募集となっていました。月給:18万円+指名手当。10:00〜翌3:00の間でシフト制 (実働:8時間)。休日は月5日となっていましたから、週休2日というわけにはいかないようです。

 

総じて、リフレクソロジストの年収は、平均200万円強と言ったところで、指名してくれるお客様がつくことによって、給与に指名料が加算されるかたちとなっています。

 

業務委託の形態も

足裏マッサージ写真

また都内に10店舗近く展開するサロンでは、業務委託の募集をかけているところもありました。 この場合、売り上げの50〜60パーセントがリフレクソロジストの収入となります。

 

別のサロンに勤務していた頃のリピーターを引っ張ってくる形で、売上を伸ばしているリフレクソロジストも数多くいます。もちろん、お客様がつかなければ、収入は生まれませんから、ベテラン向けの雇用形態と言えます。

 

一方、サロンで実力をつけた後、自宅サロンを開業する人もいますが、働き方をするかによって収入は異なりますから、こちの年収は一概には言えません。

 

やり方次第で、年収1,000万円以上を稼ぐ強者もいますが、この場合、リフレクソロジーとしてのスキルも去ることながら、マーケティングスキルも必要となってくるでしょう。