リフレクソロジー 資格 東洋式

MENU

リフレクソロジー資格|東洋式の特徴とは?

アメリカで始まったリフレクソロジーが、時の経過と共に他の国々へと伝わることになりましたが、リフレクソロジーを取り入れたそれらの国々や地域の状況に合わせて、やがて独自に進化するようにまりました。

 

その為、リフレクソロジーは西洋式と東洋式に分けられますが、今回は東洋式の特徴についてご紹介していきたいと思います。

 

東洋式の特徴とは?

まず、東洋式のリフレクソロジーの大きな特徴は、なんと言っても癒しよりも痛みが伴うことがあるという点でしょう。

 

痛みが伴うと言うと少しネガティブなイメージがありますが、東洋式においては体の不調を整える、即効性があると言った有益な特徴もあります。

 

また、指を酷使する西洋式のリフレクソロジーと違い、ツボ押しの場合は道具や関節を用いたり、重心を用いた施術をするためにリフレクソロジストに掛かる負担はまだ少ないと言えるでしょう。

 

ですから、リフレクソロジーの資格取得を考えている方で、肩や腰がそれほど強いほうではない方は東洋式のリフレクソロジーを学ぶことを考慮できるでしょう。

 

東洋式リフレクソロジーの種類

同じ東洋式でも、アジアそれぞれの地域によって多少の違いがみられます。

 

日本で東洋式のリフレクソロジーと言えば、台湾式と中国式のどちらかが有名ですが、実はそれ以外にもタイやインドネシア(バリ)などの伝統的な民間マッサージ療法とミックスされたリフレクソロジーが存在します。

 

中国式においては伝統的な中国のツボ押し療法を交えたリフレクソロジーが、また台湾式においては、スイス式の流れを汲むリフレクソロジーとなっており、中国の東洋医学療法と西洋医学の双方をミックスさせ独自に発展させたものとなっています。

 

激痛があっても即効性のある中国式、痛みと共に気持ち良さも加えた台湾式、どちらも施術を受ける方の好みですが、どちらも施術時に痛みを伴うという点では東洋式としての共通点があることになるでしょう。