リフレクソロジー 資格 1日

MENU

1日でリフレクソロジー資格を取得することはできる?

リフレクソロジーの資格を取得するとリフレクソロジストとして活躍することができますが、リフレクソロジーの資格は国家資格ではなく民間資格となるため、認定証を付与するそれぞれの機関で資格取得のために要する期間が異なります。

 

最短1日で資格は取得できる?

リフレクソロジーの資格を取得するためには、テクニックや足のツボがどこにあるかといった知識だけでなく、その基本理論や解剖生理学といった広範囲に及ぶ知識が求められることがあります。

 

反射療法としても知られているリフレクソロジーの起源はアメリカで、アメリカ人医師が足の裏が内蔵のどの部分に関連があるのかを医学的に研究して、患者たちの患部の痛みの緩和のために施したことが始まりとされています。

 

しかし、最近ではたったの1日でリフレクソロジーの資格を取得できるコースを用意しているスクールもあります。

 

セルフケアの一貫としてレッスンを受ける方も多くおられるようですが、たった1日のレッスンでもちゃんと認定証をもらえるので、リフレクソロジーの資格を所持しているということもできるのではないでしょうか。

 

資格を1日で取得するレッスンの内容とは?

リフレクソロジーと言えば足裏を刺激するマッサージと認識されていますが、実は足だけではなくハンドリフレとして手の平などにも施される場合があります。

 

ですから、どちらのリフレを学ぶことができるのか事前にスクールに確認すると良いでしょう。

 

ところで、実際にリフレクソロジーの資格を1日で取得することのできるレッスンを開催しているスクールでは、一体どんな内容を学ぶことができるのでしょうか。

 

まず、基本的なリフレクソロジーの概念について、そして一番大切な反射区について学びます。

 

足や手のどの部分を刺激を与えれば効果的なのかを学んだ後は、実技実習という流れが主になっています。

 

その後、簡単な実技テストの後に認定証の授与が行われ、晴れてリフレクソロジーの資格を取得することができます。