リフレクソロジスト 現状

MENU

リフレクソロジストの現状はどうなの?

足と葉イラスト

社会において、いわば「癒しのお仕事」として注目されているリフレクソロジストは正社員の求人も多いようです。ですが正社員でも「賞与」がない求人が多いのも事実です。

 

もちろんアルバイト・派遣社員といったさまざまな働き方があります。多く見られる就職先は、整骨院・リラクゼーションサロン・ヒーリングサロン・フットセラピーサロン・ボディートリートメントのサロンなどとなっています。

 

 

リフレクソジーの需要は?

近年、リフレクソロジーの需要は確実に拡大しているといえます。今の世の中は、老若男女関わらず、ストレス社会と呼ばれています。

 

このさまざまなストレス社会において、リフレクソロジーに癒しを求めるお客様は、確実に年々増えてきているのが現状です。

 

では実際、今のリフレクソロジストの現状はどうなっているのでしょうか。

 

リフレクソロジストの現状は?

リフレクソロジーイラスト

今や、特にOLさん、主婦層、若い方はもちろんのこと、サラリーマン、そして高齢の女性をも魅了しているリフレクソロジー。お店では、「フットセラピー」や「トータルセラピー」「アロマセラピー」などもプラスアルファのサービスとして提供しています。

 

さらに、それまで整体やボディケアのみ行っていたお店もリフレクソロジーをサービスにプラスする動きも出てきています。

 

現代において、多くの人たちが健康になりたい・きれいになりたいなどの願望を募らせています。この願望がより増大している昨今の状況をみても、確実に今後もリフレクソロジーの分野は発展することが見込まれます。

 

様々な進路を選択できる

顧客から見たら、お店も沢山ありますので一つのお店に定着してもらうのは至難の業なのです。

 

毎月安定した売り上げを保っていく為には、シーズンごとに特別プランやイベントを実施するなどして、お客様の興味を引くものを提供する必要があるでしょう。

 

どうしたら他の店との差別化を図れるかが、今後の大きな課題になってくると言えるでしょう。

 

リフレクソロジストのお給料は、まだ職業としての認知度が低いせいか、思ったよりは高収入ではないようです。しかし勤務地や条件によって大きく違いますし、資格取得後に数年お店で修行を積み、独立開業するという道もあります。