リフレクソロジー 講座

MENU

リフレクソロジー講座を選ぶ際に注意する点

リフレクソロジストとして仕事をするのであれば、当然スキルも必要になります。またある程度のテクニックがないと、満足な施術を行えません。

 

ですので、専門スクールや機関でじっくりと技術を習得する事をお勧めします。

 

人気がある資格です

反射区イラスト

今や人気の資格となっているリフレクソロジー、この資格の取得を希望している人は増えています。リフレクソロジーというのは、足裏や掌の反射区を刺激して、体の症状を改善する健康法です。

 

この方法で、リラクゼーションへの状態へ導いていきます。この反射区というのは、内蔵や多くの器官とつながっている末梢神経が集中した部分です。

 

この反射区に刺激を与える事によって、器官や内蔵へと働きかけていきます。反射区を刺激する、という事は面全体を刺激する事です。この点でツボとは分類されます。

 

つぼというのは、いわゆる点です。リフレクソロジーは、ツボと似たようなところがありますが、この施行は反射区の面全体を刺激する事になりますので、当然技能も求められます。

 

資格は本当に必要?

現在、リフレクソロジーの資格取得を目指している方も多い事でしょう。このリフレクソロジーの施術を行う人を「リフレクソロジスト」と言います。

 

リフレクソロジー自体は、特に国家資格というわけではありませんので、例え資格を持っていなくても、法律的な罰則の規定はありません。

 

つまり資格が無くても、リフレクソロジストとして仕事をすることはできるのです。しかし実際は求人募集をみても、有資格者が優遇されているサロンがほとんどですし、専門スキルなので働きながら学ぶにも限界があります。

 

また現在「高齢社会」の真っ只中にいる日本において、今後はサロン以外にも、介護施設や病院といった医療機関等で施術を行う機会が多くなっていくことが予測されます。その際に資格を持っている事は大きなアドバンテージになります。

 

これからリフレクソロジストを目指す方は、何か特別な理由が無い限りは、資格を取得しておくとその後のキャリアアップもスムーズに進むと言えるでしょう。

 

複数の資格がある

足裏イラスト

それでは、リフレクソロジー資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

資格の多くは、様々な民間団体によって認定されており、手法や呼び方もそれぞれ異なります。

 

代表的なものをいくつかあげると、「リフレクソロジーレギュラーライセンス」「リフレクソロジープロライセンス実技士」「台湾式リフレクソロジスト」「中国式リフレクソロジスト」などがあります。

 

認定団体によって西洋式や東洋式といった様々な施術方法があり、学習期間や料金も異なりますので、事前に比較をしたうえで自分に合った資格を選びましょう。