リフレクソロジー 資格 種類

MENU

リフレクソロジーの資格の種類は?

足の甲マッサージ

リフレクソロジストは、国家資格ではなく、民間資格となっています。資格の認定を行っている主な団体と呼称、特色をご紹介します。

 

また、日本のリフレクソロジーの系統は、西洋式・東洋式に分かれていることが特徴です。

 

西洋式

 

リラクセーション/ヒーリングを主眼に置いた、痛みの伴わない施術が特色です。

 

日本リフレクソロジー協会(RAJA)認定『リフレクソロジスト』

 

日本ヒーリングリラクセーション協会(JHRS)認定『リフレクソロジープロライセンス実技士』

 

日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)認定『リフレクソロジーレギュラーライセンス』

「レギュラーライセンス」は、同機構が認定する「マスター」「インストラクター」「トップインストラクター」のうち、基礎知識と施術が可能となる基本的な資格です。

 

一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)認定『リフレクソロジスト資格』

スクールは通信講座で、初心者向けの内容から、段階を踏んで応用テクニック、接客や施術を受ける人へのコンサルテーション、施術録の書き方などを学習します。美容・医療・福祉系の仕事のかたわら学ぶ人が多い講座となっています。

 

東洋式

足つぼへの刺激によって新陳代謝が促され、自然治癒力を高めるとする考え方が基本となっています。“圧”をかけることによる、やや痛みを伴う施術が特徴です。

 

ジャパントータルフットケア協会(JTFA)認定『台湾式リフレクソロジスト』

 

一般社団法人 国際セラピスト育成協会認定(ITTA)『中国式足裏リフレクソロジスト』

 

どちらでも可

中には、認定試験を行う際の実技審査において、“西洋式・東洋式どちらでも問わない”として資格認定を行う団体もあります。

 

NPO法人日本セラピスト認定協会 (JTOA)認定『リフレクソロジスト免許』

3級に始まり、最上級資格の修士免許までの資格が設けられています。実技試験は西洋式・東洋式、どちらで受けることも可能となっています。