リフレクソロジープロライセンス実技士

MENU

『リフレクソロジープロライセンス実技士』とは?

『リフレクソロジー プロライセンス実技士資格』とは、「現代人の心と身体の健康増進に資する目的」をもって設立された日本ヒーリングリラクセーション協会(JHRS)が認定する資格です。

 

認定スクールで所定のカリキュラムを修了後、認定試験試験(実技・筆記)に合格した人には「リフレクソロジープロライセンス実技士資格認定証」がJHRSより発行されます。

 

認定試験は、年4回(1・4・7・10月)、東京など3都市で実施されています。受験料:未公開。協会の認定スクールは「日本リフレクソロジスト養成学院(REFLE)」(東京・中野区)。

 

ヒーリング/リラクセーションはもちろん、医療分野にも活用される英国式リフレクソロジーの第一人者・ルネ・ターナーが開発した補完代替療法の知識と技術の体得が特色で、通学・通信講座があります。

 

通学講座と通信講座の2種類

通学講座の主なコースは次の通りです。

 

「速修プロ養成コース」(週2日2.5ヵ月)、「プロ養成コース」(週1日5ヵ月)、「英国資格取得コース(週1日1年)、「シニアマンツーマンコース」(55歳以上が対象)、「2年制コース」(24歳以下が対象/週5日)。

 

通信講座は「JHRS認定プロ資格取得コース」のみとなっていますが、テキストとDVDによる学習のほか、3日間のスクーリングの機会も2回、設定されています。

 

スクーリングの参加者は、毎週金曜日午前10時から夜8時まで教室が開放される「金曜オープンデー」への参加が許可され、通学生とともに、専任インストラクターから指導を受けることができます。受講期間:1年(平均)※プラス1年の延長期間が設定されています。

 

資格の更新が必要ですJHRSでは、有資格者の技術レベル維持を目的として、3年に1回の資格更新手続きを義務づけています。

 

内容は、資格取得から更新までの3年間に、『資格更新単位2単位』を取得すること。単位の内訳は、協会公認のセミナーとスキルアップ講座への参加、ケーススタディの提出など。更新費用:7000円(税別)。