リフレクソロジー 資格 難易度

MENU

リフレクソロジー資格の難易度はどれくらい?

一生ものの資格であるリフレクソロジーの資格を取得したい、と考える方は性別に関係なく増えているようです。

 

ところで、リフレクソロジーの資格の難易度はいったいどれほどのものなのでしょうか?

 

資格の取得は難しい?

美容系の仕事の中でも、かなり体力の必要な職業であるリフレクソロジストですが、一度リフレクソロジーの知識とテクニックを身に付けてしまえば、一生を通してその資格を活かして働くことができる職業でもあると言えるでしょう。

 

活躍の場もエステサロンなどに限らず、最近では病院で患者へのリハビリのために、リフレクソロジーの資格所有者を募集していることもあります。

 

そんなリフレクソロジーの資格ですが、国家資格である鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師などとは異なり、民間の機関が認定発行する資格となります。

 

難易度的には、民間機関が実施しているリフレクソロジー資格試験の合格率が極めて高いことから、リフレクソロジー資格を取得することはそれほど難易度の高いものではない、と言えるでしょう。

 

資格の合格率平均90%以上

数あるリフレクソロジー資格の認定機関の中でも、主な3つの機関をピックアップしてみるなら、その合格率の高さをよく知ることができるでしょう。

 

まず、「リフレクソロジープロライセンス実技士資格」を発行している、日本ヒーリングリラクゼーション協会においては、その合格率は80%ほどとなっています。

 

次に、日本リフレクソロジー協会が発行しているリフレクソロジー資格の試験合格率は、合格率が100%となっています。

 

また、日本リフレクソロジスト認定機構の実施している資格試験の合格率は、94%といずれも高い合格率を示しています。

 

この事からも分かる通り、良い指導を受けてしっかり知識とテクニックを身に付けるなら、リフレクソロジー資格を取得することは決して難しいことではない、と結論付けることができるでしょう。