リフレクソロジー リンパドレナージュ 違い

MENU

リフレクソロジーとリンパドレナージュの違いとは?

最近はリフレクソロジーに魅力を感じて、資格取得をする人も増えています。このリフレクソロジーというのは、足裏を刺激して体質改善ができます。

 

ですので、仕事としてもとても魅力があります。このようなマッサージは、時として多くのいやしを私たちに与えてくれます。一度勉強してみるのもいいのではないでしょうか。

 

さて、このリフレクソロジーの他に、リンパドレナージュというマッサージがあります。これらはどう違うのでしょうか。

 

リンパドレナージュとは?

リンパドレナージュというのは、いわゆるリンパマッサージの事です。このリンパドレナージュは、リンパ液の流れを活性化し、人の身体に不要な老廃物や異物を排出するマッサージです。

 

リンパ液ととうのは、ゆっくりと拍動していく能動的な流れと、血管の呼吸運動などによって起こる受動的な流れがあります。このリンパ液というのは、ストレスや疲労、また寒さなどによって体に大きな影響をおよぼします。

 

ですので、このリンパ液を活性化してあげる必要があります。そのために、このリンパドレナージュを行います。

 

リンパドレナージュは、1人でも行えます。また友達や恋人同士でも可能です。このマッサージを行う事で、疲労回復やダイエット、また安眠やリラックス効果があります。そして気分転換にもなってきます。

 

ハンドマッサージによって、身体の内側からきれいにしていきましょう。

 

リフレクソロジーとは?

一方リフレクソロジーは、反射療法になります。このマッサージは反射区を刺激する事により、体が本来持っている自然治癒力を活性化していきます。

 

それによって、自然に病気を治す効果があります。このリフレクソロジーは、足裏マッサージのイメージがありますが、その他にも顔や手、また耳などを刺激する場合もあります。

 

しかし心臓から遠い位置にある、第二の心臓とも言われる足裏を刺激する事が多くなっています。リフレクソロジーのサロンでも、この足裏マッサージが多くなっています。

 

両者には、このような違いがあります。