リフレクソロジスト 魅力

MENU

リフレクソロジストの魅力とは?

お客様から感謝をされる仕事

足ツボイラスト

リフレクソロジストの仕事に就くと、施術を受けたお客様から、「ありがとう」という感謝の言葉が返ってくることが少なくありません。

 

もちろん、施術代金を頂く時、こちらも「ありがとうございます」と言って受け取るわけですが…。

 

とはいえ、一般的に考えて、お客様に感謝の言葉をかけてもらえる仕事は、それほど多いものではありません。

 

日常を振り返ってみても、お客様は、お金と引き換えにサービスを受け取るのが当たり前だと考えており、こちらがお礼を言う事の方が多いのではないでしょうか。

 

そのような観点からみると、お客様に「癒し」と「リフレッシュ」を体験してもらうリフレクソロジストの仕事は、法律上は医療行為とは呼べませんが、医療行為のような側面を持つもの、と考えることができます。

 

リフレクソロジストは、足裏・掌の反射区について、解剖学的な知識を持っていますが、前述したように医療従事者ではありませんから、医療行為を行うことはできません。リフレクソロジストの資格を所有しているからといって、国家資格によって厳密に定められた資格ではありません。

 

それでも、施術を受け、元気を回復したお客様から「ありがとう」の言葉をもらうことができる、“癒し”の力を存分に発揮できる仕事でもあるのです。

 

人を元気にすることができる仕事

足ピンクイラスト

ストレス社会の現在、ストレスをうまく発散させることができる人もいますし、何かに頼る人も増えています。リフレクソロジストの中には、かつて、リフレクソロジーの施術を受けたことがきっかけとなりプロを目指す人も多いと聞きます。

 

自分が施術を受け、癒され、元気になったことを、もう一度、プロとして、たくさんの人に分けてあげたい。人を元気にする手助けをしたい。実績を作って、ゆくゆくは自分のサロンを持ち、独立したい、など夢も広がります。

 

プロとならなくても、家族や親しい人に施術をしてあげて、日頃のストレスから解放してあげたい。ボランティアとして社会に貢献したい。そんなところが、リフレクソロジストという仕事の魅力であり、醍醐味ではないでしょうか。