リフレクソロジスト 能力

MENU

リフレクソロジストに求められる能力とは?

足裏写真

音楽・園芸・森林・アートなどのさまざまな療法、アロマテラピー、そしてリフレクソロジー。ストレス社会の現在、全国に癒しに関連する仕事は溢れています。

 

中でも、人の足の裏や掌に直接手指を触れることによって、リラックス状態に導き、血行を改善して、新陳代謝を高めるリフレクソロジーは、手軽に利用できる点で人気が高く、今では街中で専門サロンを見つけることができます。

 

そんなサロンの求人広告を見ると、リフレクソロジストの応募要項には、必ずと言ってよいほど、次の3大ポイントが求められています。

 

土曜・日曜勤務ができる方
接客業が大好きな方
清潔感があり、明るい方

 

リフレクソロジーサロンは、サービス業ですから、週末に癒しやリフレッシュを求めて訪れるお客様は少なくありませんし、土日はサロンの稼ぎ時とも言えます。

 

また、誰でもお客としてサロンを訪れたからには、「清潔感があり、明るく感じのいいリフレクソロジスト」の施術を受けたいのは当然の事です。

 

プロとして信頼されるためには、正確な施術ができることが基本になりますし、日々、意識的に施術のテクニックを磨くことも大切です。

 

さらに、お客様からの健康や身体に関する質問を受けても、日頃から最新の健康情報をキャッチしておき、正確なカウンセリングを行う必要があります。

 

五感を駆使して心の声を聴く

足ツボ写真

けれども、何をおいてもリフレクソロジストに必要なのは、「○○さんに施術をしてもらってよかった」とお客様に思わせる能力ではないでしょうか。

 

リフレクソロジストは、お客様とコミュニケーションを図ることはもちろん、五感を駆使して、お客様の心の声を聴き、お客様が求めているものを感じ取り、それに応える施術をすることが大切です。

 

“明るく感じがいい”こと以上に、お客様とリフレクソロジストとの交流は、目に見えない部分が数多くあるのです。

 

コミュニケーション力とリフレクソロジーそのものの技術、健康管理に関する正確な知識。これらが三位一体となったリフレクソロジストなら、リピーターも自ずとついてくると言えるでしょう。