リフレクソロジスト

MENU

リフレクソロジストになるには?

リフレクソロジー画像

 

昨今、「リフレクソロジー」の話題がマスコミで取り上げられる機会が増えてきました。

 

リフレクソロジーとは、足裏や手の平の特定部分(反射区、ゾーン)を刺激して、心身を健康に導く施術法のこと。単なるリラクゼーションのひとつではなく、代替・補完医療としても注目を浴びている分野です。

 

ストレスの多い現代社会、リフレクソロジストの仕事がますます必要とされているのです。

 

そこで当記事では、「リフレクソロジストになるにはどうすればいいの?」という疑問を掘り下げて解説していきます。

 

これからリフレクソロジストを目指す方は、参考にしてみてください。

 

具体的にどうすればなれるの?

すべては資格を取ることから始まる

現在、リフレクソロジーの資格には、医師や看護師のような国家資格はありません。

 

すべて民間資格なので、極端にいえば資格を持たずにリフレクソロジストを名乗っても、法的に罰せられることはないのです。

 

しかし、リフレクソロジストは、単なるリラクゼーションではなく、全身にわたって影響を与える「反射区」を刺激する仕事です。

 

生半可な知識でおこなうと、事故につながったり、逆にお客さまの健康を損ねてしまったりする危険性があります。また、健康に関するアドバイスをおこなう立場なので、心身に関する正確な理解がなければ務まりません。

 

そのため、リフレクソロジストとして活動するなら、まずは正しい知識、確かな技術を学ぶ必要があります。そして、それを身につけた証明として「資格」があるのです。

 

リフレクソロジストへの道は、資格を取ることからスタートするといっても過言ではないでしょう。ただし、勘違いしてほしくないのは、資格の取得は始まりであってゴールではないということ。

 

本来の勉強は、資格を取得したあと、リフレクソロジストとして活動するためにおこなうものです。資格取得を目指すなら、自分が活動をスタートしてからのことを念頭に置きながら取り組んでみてください。

 

資格を取得するには?

リフレクソロジストの資格は、今のところ統一されたものはなく、各スクールや関連団体が独自に認定しているのが現状です。

 

そのため、資格を取るにはスクール(あるいは通信講座)を受講したあと、認定試験に合格しなければいけません。

 

たとえば、JREC(日本リフレクソロジスト認定機構)の認定資格をとる場合には、まずはJREC対応のカリキュラムを設けている講座を受講し、そのカリキュラムを修了したうえで受験することになります。

 

当然スクールが違えば、取得できる資格も違ってくるため、どこで勉強するかを選ぶのがとても重要なのです。

 

ちなみに、日本のリフレクソロジーには、指のハラを使ってソフトにおこなう「西洋式(英国式)」と、ツボを刺激することで痛みを伴う「東洋式(台湾式)」の二大流派があります。どちらを選ぶかによっても、その後の進路が大きく変わってくるので慎重に検討することをオススメします。

 

また、学習期間も1ヶ月〜1年とさまざま。通学の場合は、週に何日授業があるかも異なります。

 

まずは入学案内を取り寄せるなどして、「自分の目的を達成できそうな講座はどれなのか?」という部分をしっかりと考えてみてください。

 

情報収集する際には、一括資料請求サイト「ブラッシュアップ学び」を利用するとよいでしょう。国内の主要な講座のパンフレットをまとめて取り寄せられるので、手間がかからず便利です。

 

無料で送られてくる資料には、カリキュラムの内容だけでなく、修了生の進路先や体験談なども豊富に掲載されています。パラパラと雑誌感覚で目を通してみるだけでも、新たな発見があって勉強になりますよ♪

 

リフレクソロジー講座の資料請求(無料)

 

講座を選ぶときに気をつけるべきポイント

どのように資格を活用したいのか?

独立開業をめざすのか、サロンへの就職を希望するのか、それとも趣味として学びたいのか。

 

それぞれの目的によって、受講すべき講座も変わってきます。

 

働きたいサロンがある場合

その店で働くリフレクソロジストに、どこで勉強したのかを聞いてみるとよいでしょう。

 

スクールの直営店や提携店などの場合は、そのスクールで学ぶのが一番の近道です。

 

卒業後すぐに働きたい場合

スクールの直営サロン以外にも、提携店を複数もっているスクールのほうが、卒業後の就職も有利です。

 

入学案内のパンフレットには、卒業生の就職率や実績がすべて書かれているし、希望すれば実際の求人票を見せてくれる場合もあります。

 

とくに希望する店がないのであれば、とにかく独立開業できるくらいのレベルを目指しておけば、どこにいっても通用する力を身につけられるでしょう。

 

独立開業を目指している場合

独立開業を目指すなら、みずからの力で仕事を続けていけるくらいの実践的な能力を身につけなければなりません。

 

そのため、開業のためのカリキュラムがしっかり組まれている講座で勉強する必要があります。

 

また、開業相談やノウハウ提供、キャリアアップなど、卒業後でもサポートしてくれることが絶対条件。もちろん、この場合にはある程度ハードな学習になることは覚悟しておかなければなりません。

 

通学と通信、どっちを選ぶ?

スクールへの通学が難しければ、通信講座で勉強することになります。

 

通信講座のメリットは、自分のペースで学習できること。また、スクールに通うよりも安く受講できることです。

 

そのため、最近では通学できるできないに関わらず、通信講座で学ぶ人も増えています。

 

通学制のスクールを選ぶ際には、カリキュラムの内容、受講期間、教材の充実度、指導システム、合格後のアフターケアなどをチェックしてみましょう。

 

一方、通信講座でプロを目指すなら、実技のスクーリングが設けられていることが絶対条件。さらに、サポート体制がしっかりしていて、「ひとりぼっちで勉強している…」という孤独な気分にならなくてすむ講座を選ぶと長続きしやすいです。

 

そして、何より大切なのは「途中でやめないこと」。絶対にやり遂げるという強い意思を持って、疑問点があったら遠慮なく質問することです。

 

質問にきちんと答えてくれない、スクーリングがない、テキストは送りっぱなし、といった講座は論外でしょう。

 

費用はどのくらいかかる?

スクールやコースによって、全く違ってくるのが受講料です。

 

低料金の場合には極端に受講期間が短かったり、カリキュラムがしょぼかったりすることもあります。単純に高い安いだけで判断するのではなく、内容をしっかり確認したうえで選びましょう。

 

一般的に、カリキュラムや教材、サポートが充実している講座は、そのぶん料金も高くなります。

 

ただし、どんなに素晴らしい内容でも、本人にやる気がなければ何の意味もありません。高い受講料を払ったからといって、それだけで将来が保証されるわけではないので気をつけましょう。

 

講座選びは、リフレクソロジストになるための大事な一歩。後悔しないよう、しっかり選んでくださいね。

 

講座の申し込み〜修了

講座に申し込んだら、いよいよ学習スタートです。理論と実技のカリキュラムを修了すると、認定団体が実施する試験の受験資格を得られます。

 

一般的なカリキュラムには、おもに次のような内容が盛り込まれています。

 

理論のカリキュラム

・リフレクソロジーの基礎知識
・問診、アドバイスについて
・身体の構造、機能について(解剖生理学)
・マナー、服装などについて
・模擬試験
・課題レポート提出

 

実技のカリキュラム

・反射区の位置について
・施行の準備について
・実技講習、施術の実習
・問診からアドバイスまでの実習
・模擬試験
・課題レポート提出

 

いずれの講座も、すべてのカリキュラムが修了した時点で、試験が実施されます。そこで試験に合格して、晴れて「リフレクソロジスト」の資格を取得できるのです。

 

試験では、「リフレクソロジーに関する知識がどれだけあるか?」「プロとしての技術がしっかり身についているかどうか?」といった部分が問われます。受講する講座によって試験内容が異なるので一概にはいえませんが、テキストをきちんと理解し、課題をこなしていけば、誰でも合格は可能です。

 

たとえ、難しい試験内容であっても、それは今後プロとして要求される知識や技術ですから、試験を機会にしっかりと身につけておましょう。

 

サロンに就職

資格の取得は、あくまでスタート地点に過ぎません。

 

卒業後の進路は、リラクゼーションサロンや治療院などに就職して、いずれは独立していくのが一般的です。

 

もちろん、すぐに独立して開業する人もいないわけではありません。企業に勤めるか、個人としてやっていくかは、最終的にその人自身の考え方による部分が大きいのです。

 

ただし、就職するにせよ独立するにせよ、まずは1日も早くプロとして認められるよう努力することが大切です。

 

講座によっては、就職の斡旋や開業のバックアップに力を入れているところもあるので、積極的に相談してみるとよいでしょう。

 

リフレクソロジストとして初めて勤務する職場は、その後の将来を大きく左右します。どのようなスタイルで仕事をしたいのかをよく考え、慎重に決めたいものです。

 

人気のリフレクソロジー講座を選ぶなら

ブラッシュアップ学び画像

 

ブラッシュアップ学び」は、情報量No.1の一括資料請求サイトです。

 

JREC・REFLE・グローバルボディケア総合学院などなど…主要なリフレクソロジー講座を一覧比較、まとめて資料を取り寄せることができるので便利です。

 

講座選びで失敗しないポイントは、申し込む前にパンフレットの中身をじっくり確認して比較すること。同じ英国式といっても、スクール独自のアレンジが組み込まれていたり、トリートメント法が違ったりさまざまです。

 

パンフレットには、カリキュラムの内容だけでなく、過去の就職状況や自宅でプチ起業した事例などもたくさん紹介されています。パラパラと雑誌感覚で目を通してみるだけでも、新しい発見があって勉強になりますよ。

 

入力はたったの1分♪ 無料で使えるので気軽に試してみてください。

 

資料の無料一括請求はこちらです!