リフレクソロジー 資格取得

MENU

リフレクソロジーの資格取得

リフレクソロジーとは?

足裏リフレクソロジー

リフレクソロジーとは、足裏にある「反射区」を刺激することによって、ストレスや肩コリ・腰痛・冷え性・肌荒れなどの体の不調を改善に導く足裏健康法です。

 

反射区とは、内蔵やあらゆる器官と繋がる末梢神経の集中箇所であり、この反射区を揉みほぐすことで、その対応する内蔵や器官にも働きかけることができます。

 

よく反射区とツボを同義語として捉えている方がいますが、反射区は「面」、ツボは「点」なので、勘違いしないように気をつけましょう。

 

ツボと通ずる部分があるのは確かですが、あくまでリフレクソロジーは反射区の面全体を刺激するものになります。

 

幅広い勤務先

リフレクソロジーの画像

英国では医療の現場でも応用されるなど、その効果は広く認められています。

 

日本においてもテレビや雑誌などでさまざまなマッサージが取り上げられるようになり、マッサージブームが到来しているようです。

 

最近では20代〜40代の女性を中心に、施術を受ける側ではなく、実際にリフクソロジーの技術を学び”リフレクソロジスト”として活躍する女性も増えています。

 

リフレクソロジストの働き先は、リフレクソロジーサロン・エステサロン・高齢者施設・介護施設など幅広く、中には自宅でプチ開業をしてサロンオーナーになる人もいます。

 

また仕事以外でも、身の回りにいる家族や友人の健康維持などに技術を活かす人も少なくありません。

 

【主な就職先】
リフレクソロジーサロン・エステサロン・マッサージサロン・ホテルや旅館などの宿泊施設・高級高齢者用マンション・高齢者施設・介護施設・スポーツクラブ・自宅開業など

 

リフレクソロジーを学ぶには?

リフレクソロジーを学ぶには、以下3つの方法があります。

スクールで学ぶ
通信講座で学ぶ
独学で学ぶ

 

スクール、もしくは通信講座で学ぶ人の割合がとても多いのが特徴です。

 

ある大手転職会社のアンケートデータによれば、リフレクソロジーの資格を取得した約8割以上の人がスクール、または通信講座で学んだと回答しています。

 

独学が少ない理由として、リフレクソロジストには「反射区」に関する専門知識に加え、基礎医学や人体の仕組みなど医学的知識も求められるため、なかなか独学だけでは技術の習得が困難な点があげられます。

 

またリフレクソロジーの資格はいくつかありますが、大半が講座と試験がセットになっているため、そもそも講座を受講しないと資格試験を受けることができない点も、独学で学ぶ人が少ない原因となっています。

 

講座を受講するメリット

リフレクソロジストとして働くうえで、資格の取得は必須です。

 

中には「資格は必要ないのでは?」と思われている人もいますが、それは違います。

 

リフレクソロジーは、一見変哲のないマッサージのようにも見えますが、医学や解剖生理学に基づいた科学的な技術です。正しい知識と技術を持って施術してこそ、大きな効果を発揮することができるのです。

 

講座を受講するメリットは、以下の2点になります。

 

専門の技術や知識を効率よく身に付けられる

足裏リフレクソロジー5

リフレクソロジーは、統合医療の現場で補完医療や予防医学としてさまざまな形で活用されています。

 

前述したように、リフレクソロジストは、反射区に関する知識はもちろん、基礎医学や人間の身体の仕組み、反射区に対応する臓器や神経・筋肉の特徴なども把握しておかなければいけません。

 

また、東洋系リフレクソロジーでは「陰陽五行」の思想に基づいた東洋医学の知識も求められます。

 

これらの専門技術や知識を独学ですべて学ぶには限界がありますので、まずはスクールや通信講座などで正しい指導を受けるのがよいでしょう。

 

充実した就職サポートを受けられる

キャリアコンサルタントの画像

最近のスクールや通信教育は、講座修了後に働き先を斡旋してくれる就職サポートや、独立開業を目指している人向けに経営や集客に関するノウハウを提供する開業サポートなどに力を入れています。

 

例えば、就職や転職を検討する際、ハローワークや求人サイトを利用する人も多いのではないでしょうか。

 

これは業界では周知の事実ですが、ハローワークや求人サイトに掲載されている求人の多くは、極端に給料が安かったり、人間関係の問題で離職率が高い職場であったり…たくさんの人の目に触れているにも関わらず、まったく応募のない”売れ残り求人”が大半を占めています。

 

正社員やボーナス付きといった待遇のよい求人案件の多くは、有名サロンや大手企業から実績豊富なスクールに優先的に回されているのが現状です。

 

各スクールの就職実績などは、講座の案内資料にすべて記載されていますので、希望に合った職場で働きたいと考えている方は、上手に就職サポートを活用することをおすすめします。

 

リフレクソロジーを学ぶなら?

ブラッシュアップ学び(キャプチャ)

ブラッシュアップ学びロゴ画像
「ブラッシュアップ学び」は、スクール&通信講座の一括資料請求サイトです。国内の主要なリフレクソロジー講座はすべて網羅されており、サイト内で講座を比較したり、まとめて資料請求もできるので便利です。リフレクソロジストの資格を取得するなら、まずは気になるスクールや通信講座の案内資料をすべて取り寄せ、自分がどのタイプの技術を身に付けたいのか、考えてみることから始めましょう。

 

詳細ページボタン

 

資格の種類にはどんなものがある?

足裏マッサージ

リフレクソロジーの資格は、すべて民間の団体によって認定されているので、例え無資格で施術をおこなっても法的な罰則などはありません。

 

代表的な資格に、リフレクソロジープロライセンス実技士・リフレクソロジーレギュラーライセンス・台湾式リフレクソロジスト・中国式リフレクソロジストなどがあげられます。

 

手法も大きく西洋式東洋式の2つに分かれており、西洋式では英国式リフレクソロジー、東洋式では台湾式リフレクソロジーや中国式リフレクソロジーなどが有名です。

 

おすすすめの資格はある?

資格の種類がたくさんあるので、どれを取得すれば良いか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

 

結論からお伝えすると、資格があると就職などの際に有利に働くことは当然ありますが、持っている資格の名称によって優劣などはありません。

 

ですから「どの資格を取得するのが良いのか?」といった視点ではなく、「学びやすい講座はどれなのか?」「学びたい分野はどれなのか?」「将来的にどんな働き方をしたいのか?」といった視点で考えてみるとよいと思います。

 

リフレクソロジーの技術は非常に細分化しており、流派によって手法もそれぞれ異なります。

 

事前にパンフレットを取り寄せるなどして、それぞれの特徴や違いをよく理解したうえで講座を選ぶと失敗するリスクも減らせると思いますよ。

 

講座選びの際に確認すべきポイント

どんな技術を学べるか?

リフレクソロジーは、大きく西洋式東洋式に分けられます。

 

一概にリフレクソロジーと言っても、ソフトタッチで施術を行う方法から、激痛ともいえる強い痛みを伴う施術法まで幅広く、スクールによって学べる技術も異なります。

 

資料を取り寄せて中身を確認したり、説明会や体験授業に積極的に参加するなど、事前に情報収集したうえで自分に合ったスクールを選びましょう。

 

価格と内容が見合っているか?

リフレクソロジー講座の受講料は、約3万円ほどの安価な通信講座から、50万円以上もする本格的なスクールまでさまざまです。

 

自分の趣味や、その延長で家族や知人に施す程度であれば安価な通信講座でも充分学べますが、本格的にサロンの開業やプロのリフレクソロジストを目指すのであれば、通学講座の受講をおすすめします。

 

単純に「金額が安いから」という理由のみで選ぶのではなく、「自分はどんな技術を学びたいのか?」「将来的にどのレベルを目指すのか?」といった目的意識と照らし合わせて選択するのがポイントです。

 

サポート体制は充実しているか?

学習ペースに遅れが出てしまった場合に追加補講が受けられたり、期限内に資格が取得できなくても無償で延長サポートが受けられたり…スクールごとのサポート体制は異なります。

 

中には仕事や子育てで忙しい人向けに、自分の都合に合わせて受講可能なフリータイム制夜間講座を開講しているスクールもあります。

 

ライフスタイルに合った無理のない形で学べる講座を選びましょう。

 

就業サポートは付いているか?

せっかく資格を取得しても、サロンや施設に就職できなければ意味がありません。

 

スクールによっては、講座修了後に専任コンサルタントから履歴書の添削・面接指導・実技試験対策レッスンなどの就業サポートが受けられます。

 

また実績豊富なスクールには、大手サロンや提携施設から優良な求人案件が豊富に集まってきます。

 

優先的に求人を紹介してもらえたり、有名サロンへの斡旋なども頻繁におこなわれていますので、取得した資格を仕事に活かしたいと考えている人は、各講座の就職実績をよく確認しておくとよいでしょう。

 

受講形態はどうする?

受講形態は、スクール(通学講座)と通信講座の2種類があります。

 

スクールのメリットは、プロの講師から直接指導を受けることができ、疑問や不明点もその場ですぐに解決できる分、上達が早く正しいスキルと知識を身に付けられる点です。

 

一方、受講料が通信講座に比べて少々高額であったり、仕事や子育てなどで忙しい人にとって毎回通うのが困難といったデメリットがあります。

 

その点、通信講座なら自宅で自分のペースで学習を進められるので、忙しくてスクールに通えない人でも充分に活用することができます。

 

料金が安く設定されており、受講のハードルも低いのが特徴ですが、直接講師から指導を受けられない分、スキルの習得には多少の不安が残ります。

 

通信講座の中には、一定回数、直接講師から指導を受けられるスクーリング(面接授業)を採用している講座もありますので、併せて検討してみると良いでしょう。

 

リフレクソロジーのスクールを比較する

リフレクソロジースクールキャプチャ

ブラッシュアップ学びロゴ画像
スクール&通信講座に特化した一括資料請求サイトです。国内の主要なリフレクソロジー講座を一覧で比較、まとめて資料請求もできるのでとても便利です。リフレクソロジーの資格は複数の民間団体によって認定されており「どの講座を受講するか?」「どんな学び方をするか?」によって、その後の進路も大きく変わってきます。まずは気になる講座の資料を取り寄せ、各講座の内容や特徴を確かめてみましょう。

 

詳細ページボタン

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

指先1つで体調をパワフルに改善できるメソッドは、あらゆる場所で役立てることができます。リフレクソロジストの資格を取得しようと考えたら、まず、自分がどのタイプのリフレクソロジーの資格を取得したいのかを自問自答してみましょう。意思が固まったら、希望する資格を認定する団体が運営、または認定するスクールに入学し、所定のカリキュラムを修了することが基本です。また、リフレクソロジーに似た資格でリンパドレナージュ資格があります。こちらはイギリス発祥の技術で、リンパの流れをマッサージによって活性化させ、身体に有害な異物や老廃物を排出する施術です。現在、日本でも多くの人々に支持され認知度も上昇中、エステサロンやマッサージサロン以外にも、医療機関などが医療目的で行うケースも増えています。スクールには、通学講座と通信講座があります。通学講座では、集中的に、座学と実技の演習を受けることができます。一方、通信講座は、学生や仕事を持つ人も、余暇時間を利用し、テキストとDVD、ネット受講などによって学ぶことができます。通学・通信講座の受講期間は3カ月から1年。通信講座の方が期間は短くなっています。どちらの講座も、カリキュラムの修了によって、検定試験を受験する資格が与えられる形です。スクールの卒業によって資格が取得できるスクールもありますが、大多数は、検定試験への合格が必要です。試験は、実技および筆記試験で、合格後、認定団体に登録することによって、資格取得となるコースが一般的。通信講座では、テキストを見ながらの在宅受験が可能となっています。注意点としては、資格の中には、半永久に保持できるものと、保持できないものがあること。3年ごとの更新が必要で、その際に更新のために設定された単位の取得を義務づけている団体もあります。

更新履歴